人気のウォーターサーバーの注目機能は?

>

ウォーターサーバー選びのポイント

お水の選び方

ウォーターサーバーで使用されている水には、大きく分けて天然水とRO水があります。
天然水はその名の通り、ミネラルや天然成分を多く含む湧き水などを採水し、ろ過や加熱処理をしたものです。
RO水とは、水道水に含まれる塩素や重金属類、環境ホルモンや放射性物質など、身体に害を及ぼす可能性のある物質を取り除いた純粋に近い水に、ミネラルを転化した水です。
おいしさで言うなら天然水ですが、土壌汚染の影響を受けるリスクを持っているため、赤ちゃんのミルクなどを作る等の目的の場合、RO水の方が安心して使えます。

水を入れているボトルにも、使い捨てのワンウェイボトルと回収して再度使用するリターナブルボトルとがあります。
リターナブルボトルの場合、ゴミが出ないというメリットがありますが、回収まで保管しておく必要があるため、スペースに余裕がない場合はワンウェイボトルの方が使い勝手が良い場合もあります。

サーバーの機能で選ぶ

様々な機能を搭載したサーバーがありますが、特に注目しておきたいのが、ボトルの設置位置でしょう。
多くはサーバーの上部に設置し、重力により水をサーバーのタンクに注入するタイプです。
しかし、ボトルは10L近くあるものが多いため、持ち上げるのが大変である方もいらっしゃいます。
そこで、開発されたのが、サーバーの下にボトルを設置し、タンクに吸い上げるタイプです。
注入は電子電気制御となっているため、停電時に使用できないこと、設置方法が複雑で、時間がかかってしまう、また、正確に設置されていないと水漏れを起こしてしまう、といった注意点もあります。

また、床置きタイプ、卓上タイプがあり、設置スペースの確保の都合によって選択できる物もあります。


この記事をシェアする