家庭にも広がるウォーターサーバー

いつでも美味しい水が楽しめるウォーターサーバーは、オフィスや公共施設だけでなく、家庭でも便利に使える優れものです。 お茶が飲みたくなった時にも、お湯を沸かす手間もなく、直ぐに作れますし、暑い日に冷蔵庫で冷やしておかなくても、冷え冷えの水が飲むことができます。

ウォーターサーバー選びのポイント

ウォーターサーバーには、使用されている水の水質、サーバーの機能や料金体系、ボトルのタイプなど、様々なものがあります。 使用目的や用途により、重視したいポイントは様々でしょう。 取り扱っている会社によっても特徴は様々です。 選ぶ時に注意しておきたいポイントについて見ていきます。

人気のウォーターサーバー

オフィスや施設だけでなく、家庭でも人気が集まっているウォーターサーバー。 様々な会社が色々なサービスを展開しているので、どれがいいのか目移りしてしまいます。 特に人気の高いウォーターサーバーを月々の費用や機能性、デザインなどに注目してピックアップしました。

ウォーターサーバーを設置するメリット

ウォーターサーバーは、20世紀初頭にアメリカで生まれました。
もともとは水の供給が難しい地域で、汚れた水をろ過する機能がメインでした。
その後、美味しい水を供給する設備として発達し、日本では2000年頃から広まっていきました。
健康への関心が高まった事や水道水に対する不安などから、飲料水や料理に使用する水を「買う」という習慣が根づいていったのです。
水への安心を背景に、ペットボトルの水を購入する家庭が増え、それと共に、ウォーターサーバーを家庭に設置することも選択肢の一つとなっています。
特に、2011年の東日本大震災の時、ウォーターサーバーのストックとして置かれていたボトルが、役立ったこともあり、災害時の備蓄としての役割も注目されています。
ウォーターサーバーは、契約すると定期的にボトルを納品してくれますから、ペットボトルをスーパーに買いに行く手間やゴミの処理を考えると、手間や費用の軽減も魅力です。
この様なことを背景に、家庭での導入は年々増え続けています。
実際の普及率でいうと、およそ5.5%と、まだまだ少ないですが、世帯数で見ると、18世帯に1世帯という割合でウォーターサーバーが設置されている、という計算になります。
この数字が多いと感じるか少ないと感じるかは、人によると思いますが、契約数で言えば、毎年10万人強のペースで増加しています。
一日の契約数で言うと、300人が契約している計算で増えているのです。
そう考えるとかなりハイペースで推移していると考えられるでしょう。